特別な日の袴姿

卒業式用の袴のレンタルを始める時期

知っていますか?卒業式用の袴のレンタルを始める時期

卒業式用の袴のレンタルを始める時期 大学の卒業式シーズンになると、テレビでは卒業生の女性の華やかな袴姿を盛んに放送するので目にしたことがあるでしょう。
まだ学生の人は自分の時にはどのような袴を着ようかと参考になるし、卒業を控えた娘がいる家の人もどういったものがあるのかと気になることはよくあります。
洋服を着ることが普通になった現代では、若い女性で自前の着物を持っている人はほとんどなく、ましてや袴は卒業式で着る程度の頻度なので人生で一度着るかどうかであり、レンタルを利用する人がほとんどです。
レンタルショップでは色とりどり・サイズも豊富なので安心していると、素敵な刺繍の入ったものや色味が良いものはすぐに予約が入ってしまいます。
早くに下見を始めることが大切ですが、卒業式が終わってすぐにレンタルショップに行ってもほとんどクリーニングに出ているので戻ってきてはいません。
袴のレンタルを始める時期は言ってしまえば一年中ですが、一番豊富に選べる時期は3月上旬に卒業式が終わり、クリーニングも済んで店頭に並ぶであろう3月下旬や4月以降です。
卒業の見込みがあるのであれば、レンタルショップに足を運んでお気に入りを見つけて予約することをおすすめします。

知っておきたい!レンタルの袴を着た時の防寒方法

レンタル袴の防寒方法 日本の卒業式はほぼ確実に2月から3月にかけて実施されます。
住んでいる地域によって気温の差はありますが、ほとんどの場合は気温の低い時期に袴を着ることになるでしょう。
そのため多くの人が気にかけるのが、防寒方法です。
そこでまず知っておきたいのが、卒業式を執り行う場所です。
何故かと言うと場所によっては防寒対策が必要ではない程度に空調が整っている可能性があるためで、そんな時は袴の上から羽織れるコートなどを持参するのが妥当でしょう。
会場の室温に合わせて調節できるので、防寒対策をしすぎてかえって暑くなったといった事態を避けることができます。
またレンタルの袴であれば、卒業式の会場で着替えるケースも想定されます。
この場合も会場内であれば寒さとは無縁の場合があるので、調べておいたほうが無難です。
ただレンタルでも会場の外で着替える必要があったり、卒業式の会場が空調のない場所だったりすると、自力での着替えが難しい袴の場合は、トイレが近くならないように身体を温める必要が出てきます。
レンタル品を汚すわけにはいかないので、自前の下着の上にカイロなどを貼るのが一番簡単な方法となります。
カイロはお腹と背中に、一カ所ずつ貼り付けておくと防寒方法としては万全です。

おすすめ袴レンタル関連リンク

人気の可愛い袴スタイルやフルセットレンタルプランが格安で選べるサイト

卒業式 袴 レンタル